おなかすいたぶろぐ

「ドール(オビツメイン)」と「ツクール」をズブのど素人創作クラスタでも楽しめるよ!と宣伝するサイトです。

【tips】コロナになりました


ぐぇー。

久々の記事でこれというのもなんなんですが。とにかく身体的にも精神的にも大変なのはもちろんシステムもブチ切れあそばしてひんひん言ってたという思いの丈をぶつけつつ、感染者からのアドバイスというか愚痴を書きます。ちなみに地区・時期・職業等で全く対応が変わるのでわからないときは保健所か最寄りの発熱外来へ。

全体を通して大変に口が汚いのですが、窓口の人間はどの人も基本的に善意の人です。多分。ちなみにコロナ対応窓口の面接に騙し討ちの形で受けた人間なので、個人的には窓口の人には同情しているスタンスです。

履歴書にわざわざ『電話対応は出来ません』と書いた上で事務職に応募し書類通過。面接・実務試験を終えた後「何か質問はありますか」と聞かれたので「履歴書に書いた通り身体的に電話対応が出来ないのですが、専門の電話対応部署があるのですか?あるいは1日あたり取次でも何件ほど掛かってくるのか、もし目安があれば教えてください」と聞いたところ「実はコロナ対応の電話窓口です」とバラされたのでその場で断った。ふざけんな。

ちなみに現在(この記事の9割は3月始め辺りに37〜39度前後の時に泣きながら書いてますが、2ヶ月後に修正しています)ピークを過ぎて回復傾向ですが数日前に39度出ました。これでも軽症。こんちくしょう。

病状と隔離期間の計算。

家族構成は父、母、僕、妹の4人暮らし。

母→2回ワクチン接種。副反応も重くはなく微熱が1,2日出た程度。父があんまりにも咳がうるせえし撒き散らすため、ブチ切れてるうちに熱っぽさに気付き検温。37度。翌日までに38度超えて眠れない状態のため近場の病院で抗原検査し陽性と判明。

父→3回ワクチン接種。一連の流れの前後に発熱と咳症状ありだったけど暖房+ワクチン副反応の発熱と思いスルーしてた。母が陽性になったため抗原検査し陽性。

僕→2回ワクチン接種。軽い咳症状と微熱未満の発熱(平熱+0.9度という微妙すぎる発熱)。会社命令でPCR検査し陰性。その後母が陽性になったため父と妹と3人で抗原検査し陰性。医者の指示のもとPCR検査し陽性。結果が出るより先に39度出るし痰で窒息死しかける。
医者「陽性です」僕「っすよね〜(デスボイス)」

妹→今年初めにワクチン接種済み。基本的に扁桃腺が弱いものの普段程度の喉のいがらっぽさ以外は症状なし。母が陽性になったため父と3人で抗原検査・PCR検査し陰性。
妹「症状はなかったけど採取キットで両鼻の穴から喉に攻撃受けたから今は痛いです」


なぜ濃厚接触者で出歩いてまで検査受けたかというと、別に体調に不安があったとかそういうのではなく


字が汚いのは勘弁してね。

どっかの電話での説明(たらい回しのため不明)で『同居家族の場合、陽性者の自宅待機最終日が最後の濃厚接触日になるので、そこからさらに7日間は自宅待機です』と言われたため、陽性者になれるならなっちゃった方が待機期間が短いじゃん!とバグ技のような判断をしました。

ちなみに必死こいてるのに電話口でも「濃厚接触者の基準は色々あるんで詳しくはWEBで!」だったんでキレかけてた。

なお、この基準については

・同居家族の待機期間は、『検査陽性者の発症日(当該検査陽性者が無症状(無症状病原体保有者)の場合は検体採取日)』又は、『当該検査陽性者の発症等により住居内で感染対策を講じた日』のいずれか遅い方を0日目として、7日間(8日目解除)』とします。

・また、ここで言う感染対策は、日常生活を送るうえで可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共有を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しております。

となるため、母の陽性発覚時点から出来る限り隔離し合い、各々の発症日を0日として10日or発症日が一番遅い母を基準に各々の濃厚接触者としての自宅待機期間の間ひたすら引きこもってました。


こんな感じ。

物資の共有を避けろっていうんなら酸素濃度測定器を一世帯1個じゃなくて1人1個配れよ。(本音)

検査の受け方。

結論から言うとコロナ前に発熱外来(『PCR等検査無料化事業』対応の医療機関)を10件調べておくというのが一番手っ取り早いです。あとは半自動的に進みます。嘘言った。自動ではないけど何やればいいかの指示だけはダラダラと1週間くらいかけて来るのでそれに従えばいいから楽でした。ちなみにこれを書いてる日が自宅療養の最終日ですがまだ配食が来てません。草。

事前に準備できなかったら【○○市 コロナ 検査 無料】とかで検索すると一応出てきます。今回は検査のお金がネックだったんですけど、普通に検査すると1〜2万円くらいで10割負担。あるいは病院が対応してない。あるいは無料対応してるけど予約が3日後まで取れないというパターンもありました。

ので、かかりつけ医→土地勘があるところの病院→地図見ればそんなに行くのが難しくないところくらいの順で片っ端からHPで検査してるか確認、もしくは電話問い合わせしましょう。

あとなんか今後保険適用になるかなったかするらしいけど、病院によりけり既に保険適用になってたり、結局自己負担10割だったり無料だったりとマジで意味不明なので病院に聞くのが一番早いです。

ちなみに地区によっては都道府県とかのHPに載っているのもある(PCR等検査無料化事業とか書いてある)ようなんですが、千葉ではスマホでクッッッソクソ見づれぇ横型エクセルとPDFが置いてあるのと埋め込みGoogleマップとでゴッチャァしてたのでブチ切れてました。

また、こちらも正直ほっっっとんど役に立たなかったんですが(マジで今回家族全員分の手続き全般で一人でたらい回しされてた上に多分症状が出始めてたので喉枯れもあり、しかも自分以外誰も手続き出来ない中で泣くほど辛かったから国にキレてる)一応、厚生労働省でも郵便番号から近場の無料検査対応の病院を探してくれます。ただし3件くらいしか教えてもらえないし電話時点で受け付けているかどうかは不明。なんならもう電話し尽くしてから電話したため、教えてもらったところ既に全部断られてる始末。 (結局電車移動でようやく検査できた)

本当にマジで「これ調べられない人は普通に死ぬやつじゃん」って絶望しながら延々と電話してました。とにかくコロナの窓口が煩雑すぎてマジで笑っちゃうほどたらい回し。

その日の晩の鍵ツイ。泣いてた。

これは余談なんですが。僕氏、初めのうちは熱もほぼなく、咳は単に暖房によるものだと思ってた(父親ほど全力の咳ではなく軽い咳払い程度だった)し、なんかハッキリしない生理(初日のしょも…が1週間くらい続いてた)も相まって怠かったという状態だったんで、会社に指示されなかったらスルーしてたんですよ。現にPCR検査では偽陰性なのか陰性なのかは不明なものの問題なかったので、結果が来た翌日翌々日と出社してます。ええ、しちゃいました。これ内部でどうなってたんやろな。

更に症状が一気に重くなる1週間くらい前に全く別件で血液検査してたんですが、その時点で恐らく感染していたらしく白血球が大暴走してました。(その血液検査の結果を1ヶ月後に聞いて判明)
心療内科医「白血球数が戦場跡地みたいになってますが(15000↑)心当たりありますか」僕「その1週間後にコロナかかりました」

検査費用。

金額はピンキリです。なんでピンキリなんだよ…。で、まあもちろん皆さん安い方がいいと思うので無料検査対象の医療機関についてお話しするんですが(保険適用はしらん。病院に問い合わせてくれ)検査費用とコロナ治療に必要と認められた薬だけが無料なので大体一人当たり1回になんやかやで5,000円前後かかりました。ちくしょー!

検査の時に調べて初めて知ったんですけどPCR検査ってそのまま受けると高っけぇくて(日本語崩壊)2万円くらいした。もちろんそんな余裕ないんで無料で検査出来ないか調べたんですが、国の指定病院以外での無料検査の場合は無症状限定だったり、会社指示の人は受け付けてなかったり(陰性証明を取ってこいと最初は言われてたため会社指示OKじゃないとダメだった)(後程確認したらいらないと言われて地団駄踏んだ)のようでした。

そこで融通の効かない馬鹿正直者の僕はわざわざ厚生労働省のコロナ相談窓口に電話して『熱は37度未満なんですけど平熱よりほんのりあって、咳は乾燥による空咳程度の軽い状態ですが、これって無症状って言ってもいいですか』と聞いたんですが、この状態はすでに症状ありとして発熱外来に行けとのことでした。はーい。

これもほんと病院によりなんだと思うんですけど、合計3軒回った結論として大雑把に言うとこんな感じ。

  • コロナの検査費用は無料
  • コロナ陽性の場合、コロナ治療に関わる薬(重症化リスクの低減のための薬らしい)※1やカロナール(対症療法で一般的な解熱鎮痛剤))が出るなら無料
  • コロナ陰性の場合、普通の風邪薬が出たらその処方箋料と風邪薬は有料※2
  • 初診料とかは有料
  • 電話連絡が再診扱いとして有料の事がある※3
  • 何にせよ『コロナに対応するための費用』みたいなので最低でも2,000〜3,000円かかる

※1:発症直後とかじゃないと効果がないとかリスクが高くないと出ないとか説明される。これももらえるかどうかまちまちらしい
※2:その場で陽性とわかる抗原検査で陰性だったり、PCR検査と併せて対症的な診察があったりで処方薬はもらえたりもらえなかったりする
※3:検査当日に一緒に支払いになった

なので検査しに行く時には1万円くらい握りしめて結果待ちの帰りにアクエリを抱っこして帰ってきましょう。ちなみにたらい回しの時に厚労省か保健所か市役所かわからんが、どっか公的機関に電話した時に聞いたんですけど 自分の地域では濃厚接触者に外出制限自体は本来ないそうです。あくまでも会社とかそういうのの自宅待機期間として設けられてる日数が定められてはいる、もちろん家にいて欲しいけどね。とのこと。ハァ?詳しくはお近くの公的機関に問い合わせてください。もう知らん。

コロナ陽性判明からの流れ。

どうやら陽性が判明した時点で病院から保健所へ通報報告されるようでした。しばらく(陽性の連絡からさらに半日とかなので治りかけた頃)待ってるとHER-SYS(ハーシス:経過観察用のブラウザシステム)の登録案内とcocoaの登録案内が届き、一通りの対応は完了です。陽性者は経過観察期間中の10日間、ハーシスあるいは電話にて体調の報告をしてただ耐えるのみ。入力した体調に変化があった場合には電話がかかってきたりこなかったりします。やる気あんのか。なぁ。いやいやきっと大変なんでしょうね。うちんちは大事に至らなかったからよかったよ。うちんちは。なぁ。やる気あんのか。

ハーシスに登録してから(スマホの操作が難しい人も前述の通り電話の自動音声で同様の経過観察がかかってきます)はもうマジでただただ耐えるのみなのですが、地域によってはハーシスIDを使って支援サービスが受けられたりするので、地区のHPから検索してみましょう。ちなみに申請しないとこないし聞かないと教えてもらえない。

いやハーシスIDと連動させるならハーシスから申し込みさせてくれよ!!!!!!!!!!

ちなみに自分の住んでいる地域では陽性者1人につき2セットまでの配食サービスのみですが、一応ありました。

写真は1セット分なので、我が家にはこれが6セット配食予定です。僕の分がまだ2セット来てませんが。そして時期や地区でまちまちで、県内でもだいぶ格差があります。ははは。あとはこの配食に一世帯につき1台のパルスオキシメーター貸し出し付きです。母の分に貸し出し申請して父のは配食のみとしたら母の分2セットの中に各1台入ってました。なんやねん…。

自宅療養は入院扱い。

あとは自宅療養と診断された場合、保険会社によっては自宅療養が入院と同等の扱いとなるため、何か契約してたらガッツリ問い合わせしましょう。

こちらは会社によりけりですが、我が家でも両親、僕の保険では発症とされた日から10日分は出るとのこと。ただしそれに必要な保健所からの書類が3ヶ月待ちとか言われました。草枯れる。

※2ヶ月後追伸
結局書類は1ヶ月くらいで来たんですけど、自宅療養期間のみ入院扱いになるとのことで3日分しか出ないという事が判明して泣いてる。

発症日から7日間はコロナ感染しててもほぼ無症状、偽陰性だった事もあり普通に出勤してたため自宅療養はしてないという理由で「じゃあ入院してないよね?」ということらしい。おk正直に答えた僕が馬鹿だった。みんなコロナ疑いで検査する時は「うーん症状は今朝からですね〜」と答えるといいぞ!(ブチ切れ丸)データめちゃくちゃになれ。

ちなみになんですけどコロナの症状がかなり長かったのと、会社命令なども含めおおよそ3週間弱休んでます。でも3日分しか出ないんだって。

注意点。

ちなみに病院に渡した携帯番号(ない人は家電)が行政のメインの連絡ツールとなるので、連絡先は本人の携帯番号にしておきましょう。本人が意識朦朧としていて喋れないから家族の電話番号を書いておくと説明しても無駄でした。クソが。

何が起こったかというと、母の連絡先に上記の説明をした上で、家電と僕の携帯番号を書いた所、僕の電話番号にハーシスの登録IDやらcocoaの登録案内やらなんやらが届きました。僕が感染したらどの番号で登録するんですかね。

自動送信のショートメッセージかつ陽性が判明したのが土曜日で、ハーシスの電話窓口は平日のみなので半ばブチ切れながら保健所かなんかに電話したら変更窓口の電話番号を案内されたのでそちらに電話し、母の番号へ変更できました。でもメッセージが結局届かなかったりとかでここでも何度か電話してる。おこ。

また、ハーシスの他、家電にも電話がかかってきました。登録がそんなこんなで遅れたので母と父のハーシス登録がほぼ同時だったんですが、交互交互に携帯番号と家電にガンガン電話が入ってきてパニックになりながら、またどっかの窓口を経由してどっかの窓口に電話して半泣きで「ハーシスか家電か携帯電話のどれかにしてくれませんか!?」と電話したらハーシス一本に出来ました。本当なんなん。

結局何したらいいのか。

愚痴っぽくなってしまったので冷静に箇条書きします。

【コロナ感染前】

  • 住んでいる地域のコロナ対応の電話番号を確認しておく。※1
  • 平常時の自分の体温や脈拍を調べておく。体調の変化を注意深く観察する。なんかおかしかったら気のせい程度でも即検査。
  • 発熱外来(『PCR等検査無料化事業』対応の医療機関)を10件以上調べておく。※2
  • 体温計とパルスオキシメーター、氷枕×2、湯たんぽを一人1つ用意ないし覚悟しておく。※3
  • 一人あたり1日2〜2.5リットル前後の水分×10日分を備蓄ないし覚悟しておく。
  • 周りで症状が出始めても責めない。※4
  • 保険会社がコロナの自宅療養についてどう適用しているか調べておく。
  • 感染するかしないか、媒介者になるかならないかはマジで誰にもわからないから絶対に責めない。ちなみに自分は偽陰性があっさり2回出てる上に、無症状な期間が1週間ほどあったので思い切りばら撒いてたことになります。

【療養中】

  • 出来る限り隔離される。
  • ハーシスへの定時報告※5
  • 腹臥位(ふくがい)の方法を実践する(呼吸が苦しい時)
  • 楽な痰の吐き方を実践する。(痰症状が重い時)
  • 睡眠薬でも何でもとにかく確実に眠れる方法を実践する。
  • きちんとしんどい時には泣く。
  • 電話でたらい回しにされても窓口にキレない。※6
  • 救急車は呼んでいい。※7

※1:都道府県HP、市区町村HP、厚生労働省HPがメイン。基準も情報も国が平気でコロッコロ変える(ハァ?)ので個人サイトや企業サイトをあてにしない。
※2:土日診療、夜間診療、平日診療込み込みで各5軒くらい調べておくと安心。よりによって悪化したのが土曜午後だったので7軒くらいお断りされた。
※3:使い回す場合ルーチンが定まるまで混乱するし、消毒で手が荒れる。
※4:日頃の行いとはマジで関係ない。人生は運ゲー。発症日認定の2日前には既に白血球が爆発的に増えていた(=体内では全力でコロナと殴り合ってた)という恐ろしい事実を本当に偶然知った(精神の薬の関係で血液検査したのが発症2日前で、結果を知ったのが療養後2週間ほど経ってからだった)時には血の気が引きました。
※5:一日1回でいいらしい。
※6:窓口の人は悪くないため。全部コロナのせい。国?このブログは一応右でも左でもないから言及しないけどシステムはめちゃくちゃだと思うからキレてるよ。でもしょうがない。継ぎ足し秘伝のシステム運用だからね。チッ。
※7:一応表向きは「症状が悪化したと感じたらすぐに」とのこと。

あふぃ

やってらんねーよってことでアフィ載せます。誰か慰めて…ほんと…ほんとにちょっと今メンタルぐっちゃぐちゃなので…。

ウィダー。配給に入ってたので食べたんですがとにかく喉から血が出るレベルで咳が酷かったし痰で窒息死しかけたのでものすごい食べやすかったです。熱もバカ高いのでひんやりして美味しい。コロナ以降こういうチューブ食めちゃくちゃ好きになりました。

ゆたんぽ。まだ寒い時期だったのを差し引いても、とにかく熱が上がるんで体感温度がめちゃくちゃ寒かったんですね。普段は足の裏あついあついマンだから人生に湯たんぽはあんま必要ないな…と思ってたんですが、今年の冬からは鬼リピします。

電子メモ。コロナ過ぎてからは使ってるかと言われるとそんなでもないんですけど、体温、脈拍、酸素濃度をそこらへんの紙にメモりまくってるとどれかいつのデータかわかんなくなりがち。いやそこらへんに書くなという話なんですが。

真ん中のボタンで一発削除が出来る。ちなみに書いたものを消さない様ロックする機能もついてました。あとかわいい。サイズが2種類あって、自分はメモパッドサイズの小さくて薄型を使ってますが、会社でtodoとか書く時にこれ欲しかったかもなーーーと思ってます。結構便利。寝ぼけてるときの創作メモにでも使うか〜。

なんていうか…あの…隔離されてると心が本当に折れるので…ゲームで外と繋がれるのはほんとありがたかった…。最近はSkyというゲームにハマってます。

スマホタブレットでもプレイ可能。基本無料とは思えないレベルの美しさで4ヶ月くらいずっと毎日散歩してますね…。質素な見た目(失礼)の初期アバターでも可愛すぎて、ほぼ初期アバターのサブアカまで作る始末。海外勢も多いんですが大体英語なら簡単にでも通じるのと、コミュニケーションにはエモーションを使うのが基本なので喋れなくても全然OKな感じです。

アクエリとラムネ。元々低血糖起こすことがあったので持ち歩いてたんですが、頭痛の時のおまじないとしてそこそこ有能でした。とにかく対症療法しかなく、新陳代謝に任せて寝続けるというのが最善策。無理にでも食って飲んで寝てを繰り返すしかないのマジしんどい。あとアクエリは2リットルサイズだと絶対こぼすし単純にこぼれます。小さいのたくさんをおすすめしたい。環境に優しくする前に自分を労わりましょう。

どん兵衛。これも配給に入ってました。療養食は味が分かりづらい(幸い味覚の変化は大きくなかったんですが、それでもだいぶ影響はあった)中でインスタントのジャンク感は割と救いでした。うどん派。



コロナ禍がなんかもう普通になってきましたね。でも二度とかかりたくないです。マジでマジで。