おなかすいたぶろぐ

「ドール(オビツメイン)」と「ツクール」をズブのど素人創作クラスタでも楽しめるよ!と宣伝するサイトです。

【こころ】初診でした。

f:id:Awry:20201105144316p:plainポガティブ。

 

怖くてしんどくてねじれながら「これブログのネタになるのでは?」と思い至ったおりたんですこんにちは。この冒頭文を書いてる今はお医者さんにいく片手日数前です。すごく昔にもこんな感じの日記書いたけど病院いけなくなって頓挫したな。

 

 

おりたんのブログは全体的に『ぱやぱやの精神のおりたんがどういった心境で事を行うか、を記すことにより、「わたし…ぱやぱやだから人に相談しづらいな…ブログとか探してもみんなあんまりぱやぱやしてないし…なんかすごいちゃんとしてるし…」って人が参考に出来ますように!』をコンセプトにしているので、ぱっぱや書いていきます。てことでぱやぱやいっくよー☆

 

初診日n日前。

前回の記事通り、年内で予約出来るのがその日だけなので11月半ばごろにどうにかねじ込んでもらいました。

 

ちなみになんですが、失業給付の認定日ギリギリ、且つ、申請した際に「心療内科に行くなら週20時間は働けるという念書を書いてもらわないと給付出来ません(病気で働けない人は失業給付の対象外のため)」と言われ(書いてもらうまでは仕事探しても意味ないやん…)となり二進も三進も行かず泣き付いたのでした。

 

この後書類を持って行ったけど特に請求される事もなかったので、一応前にいるって言われたんだけどと提出したら(は?いらんけど…?)みたいな顔された。なんなん

 

んで、今の心情ですが

とにかく怖い!!!!!!

と言った感じです。

 

何がや。いやほんと怖がってる意味などマジでないのですが。かなり漠然とした恐怖ですが、これを手探りで言語化していくとこんな感じ。

 

●「サボりたいだけだろ怠け者が。ファッションメンヘラうぜぇ」と言われるんじゃないか。

よく聞きますね。仕事したくないし、仕事が終わると元気になるのは鬱じゃない。ただの甘え。みたいなアレ。

 

●「(諸々辛い事について)気にしすぎ。他の人はもっと辛い。我慢しろ」と言われるんじゃないか。

(諸々辛い事について)という部分を詳しくは書くつもりないのですが、おそらくこの点について、人並み以上にしんどい要素だと思っていまして。トラウマに近いものだと認識しています。これを全否定されると詰む。

 

●「ただのデブですね。痩せたら解決しますよ。痩せろデブ」と言われるんじゃないか。

過食癖があるのでそこも相談したいから、これを言われたらちょっと困るんですよね。デブ・喫煙者・酒飲みは何科の病院でも大体その生活習慣のせいだとされがち。

 

●「嘘ついてるでしょ。ちょっと盛ってない?」と言われるんじゃないか。

相談するにあたり、(諸々辛い事について)や自身の状況説明とかをある程度書き出してみたんですが「うーん、主人公の設定盛りすぎですね」って言われちゃうやつになりました。ほ、本当なんですぅ…。あんまりにも設定が濃すぎて「こんなにやべえのになんで31歳まで生きられたんだ?まさか無意識に記憶を盛っているのでは?」と自分でも思ってしまうほど。なんでなんだろうな…。

 

●酒もタバコもお菓子も食い倒れもリスカもODもスマホもオナニーも嫌な記憶の反芻(小説の執筆がこの辺りを含む)もTwitterも爪噛み癖も全て取り上げられたら、自分を構成するものが何も残らなくなってしまう、どうしよう。という気持ち。

依存症多いな!!!!!!!!!!!思いつく限りの依存症を書き出すとこんな感じなのですが、もはや依存症のデパート。これら全て追い出すとなるとテナントがなくなります。シャッター街じゃねえか。果たしてそれって僕なんですかね。

 

●精神面での不調じゃなくて身体的な障害だったらどうしよう。

治せるんですかね。

 

●逆に「働いてる場合じゃねえから入院せい!」って言われたらどうしよう。

金がないですなぁ…。

 

行ってみた。

ということで当日が来てしまったので行きました。1時間前くらいに着いたんですが、1時間半くらい問診票書いてた。

 

真っ黒な問診票を渡した時に看護師さんから「がんばって書きましたね」って言われて早速涙腺がガバに。いやこれ多分ほんとにギリギリなんだろうなぁ。割とすぐに呼ばれて診察してもらったところ、結論から言うと「現時点ではパーソナリティ障害かな?」って感じらしいです。ほほー!これが噂の!いやほほーじゃねえんだよ。ただし、念書(失業給付受給の要件を満たしているか、の証明)のために取り急ぎつけるとしたら、といった感じなので、まだ手探りではあるらしいです。

 

診察中の話については『とりあえず今立ちはだかる問題をどう片付けていくか』に終始していたように思います。『苦手なものから気をそらす』『苦手な場所から脱出する』というのを中心に話を進められた感じ。正直「それが出来たらやってるんだわ!」って思いつつ、というか言いつつ、その時お話ししてくれたお医者さんと話を詰めていくにつれ「それをやるためには何から進めていくのか」「今現実的な手段として取れるものは何か」をどんどん提案してもらい1時間半たっぷりお話を聞いてもらいました。

 

もうちょい具体的に。

家庭内での問題がありまして。ぶっちゃけるとこれについて相談していた感じでした。察して。

 

成人している未婚女性が家から脱出しようとする時の手段って、現代だとほとんどないんですね。未成年だった場合には児童相談所、配偶者との問題の場合はシェルターがあるようなのですが、未婚の成人にはない。まず『その年齢なら自立すりゃいいじゃん』というお話になってしまうのです。

 

わがまま、と言われてしまえばそれまでですが、家庭環境により精神が壊れてしまい、家を出るためのお金が稼げない(仕事を中断せざるを得ないような錯乱がある、仕事に向かう事が出来ないレベルの倦怠感など)ので、家を出て精神面の回復を待ち、回復してから働き始める、という方法に対する支援がないかという相談をしに行ったのが一番の目的だったのですが、ダメでした。

 

今の状況だと、 家庭を崩壊させて力業で 暴力で屈服させて金を奪い 出ていくか、生活保護を受けるか、自立するかのおよそ三択。家庭を崩壊させる場合は、僕が逮捕されたり、失敗した時に一層悪い状況になる覚悟が必要だし、生活保護に至っては家族や親族が僕を捨てると宣言してくれない限りはもらえません。世帯主に収入はあり、養うと宣言するであろう事からこれも望めません。事情がなんであったとしても。

 

とてもしんどいです。正直、何かしら制度なり、制度がないにしても働くための魔法の薬…なんていうもんがあると思ってる事自体滑稽ですが、多少頭が壊れても、もう少し息をしやすくなる薬を出してもらえると思って受診の決意をしたのに、その道はなかったのですから。

 

泣きながらお医者さんにお話ししている間に、『子供だったら児相なんだけど』と言われたのが頭から離れません。今と全く同じ理由で精神的な治療を初めて知ったのが18歳かそこらの頃で、その頃に一度病院へ行った際、あまりにも突き放した物言いをされて。保険証を管理されていたのでお金が払えなくて。通院を続けられなかったのです。でもそうじゃなかったら、もしかしたらその時に救われていたのかもしれなかったのだと考えると本当にやりきれないものがあります。

 

依存症はどうなのか。

ここについては明言されることは今回ありませんでした。飲酒量についてはあまり言及されなかった上、過食についてはむしろ薬よりは唐揚げの方がマシレベル。

 

で、今回割とネックだったODの話なんですが、これについては真っ先に治療する方向になりました。

 

といっても、「ODはいけませんね、やめましょう」と言われたわけではなかったです。これまでの色々な事をとりあえず全て書き出し、その説明をした段階で「ではあなたはどうしたいんですか?」と聞かれ、その答えとしてこちらがODをやめたいと伝えたのです。

 

いや、それ答えられる人どのくらいいるの?この状態で。

と泣き叫びはらわた煮えくりかえるのを堪えながら考え、考えて、吐きそうになりながらも、考えたのが下のような事でした。えらいのでは?

 

「自立一択と宣言されてしまった」

「自立するためにはお金がないと」

「お金がないなら稼がないと」

「稼ぐには仕事に行かないと」

「仕事いくのを妨げているのはなんだ?」

「夜眠れない事とODをして動けなくなる事」

「なぜ眠れない?」

「辛い事をどんどん思い出して、それをどこかへ吐き出さないと頭の中でぐるぐる繰り返して何もできなくなるから吐き出す。吐き出しているうちに朝になるから」

「どうしたら眠れる?」

「辛い事を思い出さなければ」

「なぜ思い出す?」

ツイッターやニュースで見かけたり、親が面白半分にそれを掘っくり返してくるから」

(親はともかく)ツイッターやニュースは見ないようにすればいいかな」

「無理ィ」

「それはおいといて、なぜODをする?」

「ODすると、ODをするくらい辛いのだから辛いと宣言してよい、と考えられるし、ぼんやりと眠くなって何かを考えるのが億劫になれるから」

 

ここまで考え、お医者さんにツイッターやニュースを見るのをやめたい」「ODを辞めたい」と伝えました。

 

前者については「自分で見ないように気を付けてね」とそれが出来たら(略)ていうか親(略)な返事だったんでほんとてめえこのやろうって感じに終わりました。てめえこのやろう。

 

後者。ODについても「じゃあどうやったら辞められると思いますか」と聞かれ、てめこの、と出かかったものの「ぼんやりするのが主目的なので、まずは規定量でこの状態を得るための薬で規定量を飲む事にとどめるのに努め、それからその薬を減らしていきたいです」と説明。

 

ねえほんとこれ本来アンタが一緒に考えてくれる事じゃないの!!!?????ここまでほぼ自問自答じゃん!!!!!!!!!!!!

 

と喉から出かかる、というか喉通り越して若干鼻の穴から漏れ出てた気がするんですが。そういう結論に至ったところ、とりあえず薬を出してもらえる事になりました。

 

ねえ!!!!!!!!!(略)

 

この日は問診後、リスペリドンとかいう向精神薬が出て終了。その後2回ほど通院し、薬の相性とか聞かれたりして調整しつつ。クソみてえな話をされつつ、後日書けたら書く。これのせいで転院も検討中。 とはいえ依存症治療としてはまあ今のところ納得はして治療開始しました。えーん。薬のレポについては今度書きます~。

あふぃー。

ていうことで何やかしの助成金とか支援とか受けられそうにないんでお金がありません。わはは。なんか欲しいな!

 

 ほしいものりすと

 

メカクレショタロボというニッチな性癖の開拓者。長年欲しかったのをようやく手に入れたんですが、すごくぬるぬる動く!関節が柔らかくて割と動くので、いろんなポーズができました。

f:id:Awry:20201223041248j:image

かわいい。

 

ドール用のニット編みの本。クリスマスにおねだりして買ってもらいましたが、ここを書いてる現在(2020/12/23)クリスマスって言ってる場合じゃなくなりました!へあぁ…。という事でレビューはしばらく先になりますうわーん!

 

ドグラ・マグラ (まんがで読破)

ドグラ・マグラ (まんがで読破)

  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 文庫
 

実はドグラマグラ一年チャレンジをしてたんですが、最初の1ヶ月でギブアップしました。ということでこちらで摂取。同シリーズの人間失格を読んだ所、めっっっちゃ省略はされてるものの、大雑把なあらすじとしてはそこまで違和感がなかったので「とりまあらすじだけ知りたい」くらいのノリで読むにはよかったです。

 

セリアでドール素体が発売されたんですって!!?

と意気揚々とお取り寄せをお願いしたんですが、メーカー欠品というお返事が届きました。くそう。ということでツイッターで「おそらくこれの素体だろう」と言われていた商品を注文しました。無事届いたら記事にしますね!

 

絶望しかないけど歩きを止めたら死んじゃうしかないので頑張りまーす。